第3回電王戦第2戦の問題について

まず結論を書きますと、将棋ソフトのやねうら王につきまして、改訂バージョンではなく、元々のバージョンを使う事になったようです。って事で、第1戦後に発表された第2戦のPVが問題になっていたんですよね。一言で言うと、ソフトの変更は認められていないのに、特例で認められていました。

1)バグが発生する可能性があるので、直させてほしい
2)強さに影響が無いならOK
3)改訂したら強くなってるじゃん
4)でもバグで止まったら困るので、特例でOK

PVの中の説明ではこんな感じでしたかね。ただ、色々ネットを見て回った所、実はややこしい話なのかなと。まず将棋ソフトには探索部と評価関数ってのがあるんだとか。字面から判断しますと、探索部は手を考える所で、評価関数はその手の好悪を判断する所なんですかね。で、どうやら探索部を元々のバージョンから違うものに入れ替えていたらしいと。

これが本当にバグ取りの為の作業で、評価関数は変更していないから強さは変わらないはずと判断したのか、それともやはり強くする為の作業だったのかは製作者の人にしか分からない所ではありますが、とにかく改訂したバージョンに変更したいとドワンゴ側に申し入れて、それが認められたってのが先日までの経緯です。

バグをそのままにしておきたくないとか、もっといいプログラムにしたいっていう気持ちは分からなくもないので、無理を承知で申し込んだってのはまあいいのですが、ドワンゴの判断はお粗末でしたね。ルール違反なんですから、単純に突っぱねれば良かっただけの話です。結局、周囲の反応やら何やらを見て、慌てて認めなくしたわけですが、後味の悪さが残りますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック